おでこのニキビの原因とは?

「Tゾーン」と呼ばれる部分がありますよね。
これは、おでこから鼻にかけての部位になります。
このTゾーンは、もともと皮脂の分泌量も多く、毛穴が詰まったりニキビができたりしやすい部分だといえます。

 

特に、思春期にできやすいのがおでこのニキビです。
大体、思春期には成長ホルモンによりそのバランスが崩れることが多いのです。
すると過剰に皮脂が分泌して、ニキビもできやすくなります。

 

ニキビの直接的な原因としては、毛穴に皮脂が詰まることが挙げられます。
その毛穴に細菌が多く発生してしまい、炎症を起こしてニキビになるのです。

 

また、髪の毛には日常の生活のなかで、自然に汗や埃のような汚れがつきやすくなります。
そんな前髪がおでこに触れることで、刺激や細菌の繁殖によりニキビができやすくなるのです。
だから、前髪を上げるようにして毛先がおでこにあたらないようにしましょう。

 

 

おでこのニキビケア対策、予防方法について

 

おでこにニキビができたら、きちんとそのケアをしたほうがいいです。
放置すれば患部が悪化したり、ニキビ跡ができるようになります。
ニキビがあればしっかりとケアしていく姿勢が大切です。

 

また、おでこのニキビが発生するTゾーンでは、多くの皮脂が分泌されています。
そのため、いちばん気をつけたほうがいいのは洗顔です。
いつもおでこを綺麗に洗って脂っぽくならないようにしておきましょう。
大体、1日に2〜3回程度の洗顔をするのがいいのです。

 

でも、思春期に発生してしまうおでこのニキビは成長ホルモンのバランスの乱れが原因であることもあります。
その場合は、あまり洗顔しすぎないほうがいいですね。

 

そして、おでこは紫外線を直接受けてしまうことが多いです。
紫外線は皮膚の角質層を厚くしたりして、お肌のターンオーバーを遅らせます。
それに、皮脂や老廃物を毛穴に詰まりやすくする作用もあります。
外出するときは、UVカット対策をしたほうがいいですね。