毛穴の汚れが原因でニキビができる

ニキビができる原因として、皮脂の汚れや角質などが毛穴に詰まることが挙げられます。
古い角質などが毛穴に詰まると、空気のないところが大好きなアクネ菌がたくさん繁殖してニキビをつくるのです。

 

初期のニキビは赤くて炎症を起こしているものですが、それが悪化してしまうと膿の溜まるニキビになります。
そうならないうちに治療をしておくのが理想的ですね。

 

膿の溜まったニキビは色素沈着が酷くなり、もっとも悪い状態になるとクレーターのようなニキビ跡をつくってしまいます。
つまり、「ニキビ跡」がくっきりと見える形で残ってしまうのです。

 

ホルモンの分泌が多い場合は、ニキビが自然とできやすくなります。
逆に皮脂分泌が少なければ、ターンオーバーが乱れてニキビが誘発されてしまうこともあります。
皮脂の汚れやメイク、汗などが毛穴をふさぐことによりニキビの原因をつくることがあります。
だから毛穴をキレイにするケアはきちんと行うようにしましょう。

 

 

正しいスキンケアを心がけよう

 

実は、ニキビの原因となってしまう要素にはたくさんのものがあります。
ニキビの予防をするには、まず毛穴に汚れが溜まらないようにすることがもっとも大切です。
またストレスや紫外線などにより、つくられる過酸化脂質が増えることもその原因となります。

 

正しく洗顔したり、スキンケアをしっかりして古い角質を溜めないようにすることが一番先決なのですね。
皮脂の酸化を防ぎ、ストレスを軽減すること、そして紫外線を防ぐことなどがにきび予防の主な項目になります。

 

自分でできると思われるケアは、積極的に行っていきましょう。
ニキビケアに必要なものは、正しいしっかりしたスキンケアなのです。
それを知っておくことは、美肌を手に入れるために大切なものです。

 

正しいスキンケアをしてぜひモチモチの美肌になってください。