タバコを吸うと肌の代謝が悪くなるのでニキビの原因になる

タバコを吸うと血行が悪くなってしまい、皮膚の持つ代謝の働きも悪くなることにつながるといわれます。
もともと喫煙によるメリットはまったくなく、害ばかりであることを知っておきましょう。

 

喫煙は皮膚が持つ抵抗力を弱めることにつながり、そのうえ大切なビタミンCまで壊してしまうといわれています。
喫煙は、皮脂による毛穴の詰まりを招きます。
それにより、ニキビができやすくなってしまうのです。
皮脂線が強い刺激を受けて、皮脂がお肌にでやすくなることで、お肌のトラブルになるのです。

 

ニキビができているときにタバコを吸うと、それによりニキビが悪化したり、治っても跡が残ってしまうこともあります。
タバコは刺激物であるため、お肌に悪いのです。

 

ニキビの悩みがある人にとって、「タバコは百害あって一利なし」なのです。
ストレスの緩和につながるという点では少しメリットがあっても、ほとんどニキビには悪い影響しかないのです。
もしニキビができているなら、やはりタバコは控えましょう。

 

 

タバコはしみの原因にもなる?

 

「ビタミンC」は、タバコを吸うことにより、壊されてしまうといわれます。
そのため、お肌のなかの「ビタミンC」も不足してしまい、しみの原因となるメラニン色素がつくられるのを防ぎにくくなります。
タバコのなかに含まれる「ニコチン」によりお肌の新陳代謝も衰えてしまうのです。

 

そしてしみがお肌に沈着してしまうのです。
タバコを吸うことによりできてくる「活性酸素」は、老化を早める働きもあるといわれます。
この作用もしみがお肌にできる原因となってしまいます。

 

タバコを吸うことでお肌にしみができるのは、事実といっていいでしょう。
なるべく喫煙の習慣をなくすことにより、しみを防ぎ美しいお肌を保てることになるのです。