睡眠不足や夜更かしによってニキビができる

睡眠不足や夜ふかしはなるべく避けるようにしましょう。
特にお肌のゴールデンタイムといわれる夜の10時から2時には、お肌が生まれ変わる働きがあります。
もしよく夜ふかしをしていると、ホルモンのバランスが崩れやすくなり、皮脂の量が多くなることにもつながってしまいます。

 

お肌のゴールデンタイムに睡眠を取らなければ、
お肌の新陳代謝をつかさどる成長ホルモンの分泌が悪くなってしまうのです。
だから夜の10時から2時には必ず睡眠を取るようにしてください。

 

夜ふかしによりお肌の新陳代謝が悪くなれば、
ニキビなどのお肌のトラブルにつながりやすくなります。
そのため質の高い睡眠をしっかりと取ることが大切なのです。
できれば生活は規則正しく、早寝早起きの習慣をつけてください。

 

美肌をつくるには、こちらで書いた禁煙することとともに、よく眠ることがとても重要なのです。
新陳代謝によりお肌は生まれ変わりますが、そのサイクルを促す成長ホルモンの分泌には睡眠が大切となります。

 

おそらく満足できる睡眠時間には、個人差があるはずです。
基本的には、7〜8時間ぐらいの睡眠を取ることが必要であるともいわれます。
それだけの睡眠時間があれば、体の休息が充分にとれているといえるのではないでしょうか?

 

 

運動が寝付きを良くしてくれる

 

またほどよい運動をすることも、しっかりとした睡眠をとるためには大事です。
あなたは毎日の生活のなかで、ほどよい運動をしている自信がありますか?
特になかなか眠れないという人は、ウォーキングなどのほどよい運動をするのが効果的です。

 

血流はほどよい運動によりよくなります。
それに運動には、体の隅々にまで栄養分が血流により運ばれるようにする働きもあります。
ほどよい運動は睡眠の質を高めてくれたり、寝付く時間を早くすることにもつながるのです。

 

でもあまり激しい運動は、かえって逆効果になります。
ウォーキングやジョギングのような軽い運動にしましょう。